人材育成のインソース◆大阪支社
inskansai.exblog.jp

インソースは、全国で年間  9,000件以上の研修を実施しております。 関西・北陸の皆様、人材育成なら、私たちインソース大阪支社にお任せください!

by insourcekansai
カテゴリ
リンク集
インソースHP
会社概要
大阪開催公開講座一覧
お問合せ先

==●当社の紹介●==
インソースの考え
研修の特徴
講師の特徴
研修受講者の声
研修効果測定
事前課題

==●関連ページ●==
研修ラインナップ
公開講座(全9会場あり!)
グローバル人材育成研修・
英語学習

研修管理システム
人材育成コンサルティング
採用情報
研修担当者・教育担当者向け
無料セミナー

出版物(本・DVD)
研修講師募集
メールマガジン
ダウンロード

==●新サービス●==
WEBinsource
公開講座 年間割引パック
研修効果を高める
新作研修一覧
リクエスト開催

==●グループ会社●==
ミテモ株式会社
eラーニングコンテンツ
理念浸透プログラム
ものづくり研修
映像制作・動画制作

==●おすすめ研修●==
ビジネス文書研修
新人・新入社員研修
クレーム対応研修
OJT研修
IT研修
講師養成研修
営業研修
タイムマネジメント研修
業務改善研修
モチベーション向上研修
管理職研修
病院・医療業界向け研修
大学職員研修
研修内製化サービス

お問合せはこちらから

==●コンテンツ●==
上司が唸る日報の書き方

==●メルマガ●==
クレーム対応
営業担当者向け

==●人気ブログ●==
研修運営のコツ
公開講座情報

==●マイナビ●==
マイナビ2016

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
SEO
loading

  • SEOブログパーツ


Copyright © 2007-2015 INSOURCE Co.Ltd. All rights reserved.
検索
その他のジャンル
カテゴリ:おすすめ研修( 18 )
【おすすめ研修】内定者研修におすすめ!「ドミノインテリア研修」
いつも大変お世話になっております。
インソース大阪支社の成田でございます。

10月に入り、来年度の研修計画への取り組みも
そろそろ始まっている時期ではないでしょうか?
インソースでは、複数年での研修体系のご提案も承っております。
単年度での研修ではなく、
貴社の方針に沿った継続的な人材育成も支援いたします!

e0129940_945847.gife0129940_945847.gif

今回は、最近内定者研修でよくお問い合わせをいただく
ドミノインテリア研修」をご紹介します。

なぜお問い合わせをいただくのか。
それはズバリ、ドミノ研修が面白いからです。

どう面白いのかは是非体験していただきたいのですが、
この研修を受けた内定者の方々は、
間違いなく仲良くなっていらっしゃいます。
e0129940_9444669.jpg
本研修ではドミノを使ったビジネスゲームをしていただきます。

具体的には、営業と製作部隊に分かれ、
講師から指示されたインテリアを
制限時間内で何個作成できるか競い合います。

その際のヒアリング力や、製作部隊への連絡など、
細かい連携が求められます。

ビジネスマナーだけではなく、
チームで働くイメージが体験できるのでおすすめです。

e0129940_945847.gife0129940_945847.gif

「ドミノインテリア」を組み込んだ研修はこちら↓
ビジネスゲーム研修~仕事の仕方を見直す業務改善編(半日~1日間)
ビジネスゲーム研修~ドミノインテリア"仕事の品質向上プロジェクト"(1日間)
次世代リーダー育成研修~ビジネスゲーム編(2日間)

以下の研修との組み合わせもおすすめです↓
内定者向け研修ラインナップ
新人研修ラインナップ

上記以外にも、多数のカリキュラムをご用意しております。
ぜひ合わせてご検討くださいませ。
ドミノインテリア研修ラインナップ

by insourcekansai | 2014-10-02 11:18 | おすすめ研修
【おすすめ研修】「タイムマネジメント研修」で仕事の効率をアップさせる!
いつもお世話になっております。
インソース大阪支社の小森山でございます。

あっという間に9月。
季節も夏から秋へと移り変わっています。

秋といえば、
食欲の秋・スポーツの秋など様々ありますが、
ビジネスパーソンにとっては、学問の秋も気になるところ。
自身のビジネススキルをアップさせるには
もってこいの季節になってきますね。

そこで今回は、タイムマネジメント研修をご紹介いたします。

効率的に仕事を進め、日々の生活の中で
もっと秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。

e0129940_1610470.jpge0129940_1610470.jpg

ところで皆さま、
「タイムマネジメント」と聞いて、
どのようなイメージをお持ちになるでしょうか。

直訳すると「時間の管理」ですが、
実際、時間そのものを管理することはできません。
そこで弊社では、タイムマネジメントを
時間の管理ではなく、仕事の管理と位置づけております。

誰しも与えられた時間は1日24時間で、
コントロールできる余地は限られています。
したがって、限られた時間をどう管理するのかではなく、
限られた時間に何をどうするのかについて
考える必要があります。
e0129940_14412454.jpg
そのためのポイントは、以下の3つです。

1.QCDRSを明確にする
どのような仕事にも、
Q(Quality: 品質)、C(Cost: コスト)、D(Delivery: 納期)、
R(Risk: リスク)、S(Sales:セールス)、があります。
まず、“どのような仕事にすべきなのか?”
といったゴールをこの視点から考え、全体像をイメージします。

2.優先順位をつける
毎日1つの仕事だけに集中して取り組めるわけではなく、
日々突発的に発生する業務にも対応していかなければなりません。
その時に効果を発揮するのが、
自らの業務を『緊急性』と『重要性』で整理することです。
それを研修内で実際に行うことで
優先順位のつけ方を学んでいただきます。

3.コミュニケーション力をつける
仕事は決して1人ではできません。
必ず自分以外の他者を巻き込みながら行うものです。
自分の業務を効率的に遂行させるためのコミュニケーション力も大切です。


時間の使い方を徹底的に分析し、
最適化を図ることができるタイムマネジメント研修。
ぜひご検討ください!

e0129940_1610470.jpge0129940_1610470.jpg

おすすめのタイムマネジメント研修ラインナップはこちら↓
タイムマネジメント研修(半日間)
タイムマネジメント研修~仕事の効率アップ編(1日間)
タイムマネジメント研修~現状を分析し、最適な時間管理を考える編(1日間)
タイムマネジメント研修~仕事の整理・分析とノウハウ習得編(1日間)
タイムマネジメント研修~最高にデキるビジネスパーソン養成編(2日間)


by insourcekansai | 2014-09-10 13:14 | おすすめ研修
評価シーズン到来!「評価者研修」で組織パフォーマンスを向上!
いつも大変お世話になっております。
インソース大阪支社の長谷川でございます。

ビジネスパーソンにとって、
「評価」は非常に身近な問題ではないでしょうか。
特に評価をする立場にある方は、
「どうすれば公平な評価ができるのか」、
「面談で部下にどのようにフィードバックをすればいいのか」など、
お悩みをお持ちの方も少なくないようです。

そこで、本日は
評価の仕方を体系的に学んでいただける評価者研修をご紹介いたします。


e0129940_1619502.gife0129940_1619502.gif


評価制度に基づく公正な評価・考課は、
組織のメンバーのモチベーションと組織パフォーマンスを向上させる
非常に大切な要素です。
しかし、私が多くのお客さまとお話をさせていただく中で感じているのは、
評価・考課を「余計な仕事」ととらえたり、
個人の感覚的判断で評価を下したりしてしまう
評価・考課者が意外に多いという現状です。

そのような現状の打破をサポートすべく、
弊社では、以下のような視点から研修を実施しています。

・評価の意義と重要性の理解
・目標設定の具体的方法の習得
・目標達成への動機づけ
e0129940_16223570.jpg
インソース大阪支社では、
評価・考課に必要な要素を体系的に学ぶ1日間研修、
「評価のブレ防止」「面談時の適切なフィードバック」などの
課題をピンポイントで解決する半日間研修など、
柔軟にプログラムを組ませていただきます。
ぜひご検討ください。


e0129940_1619502.gife0129940_1619502.gif


基本的な評価者研修ラインナップはこちら↓
評価者研修~基本編(1日間)
評価者研修(半日間)
人事考課研修~面談の仕方編(半日間)

その他、こちらの研修もおすすめです!
評価者・考課者研修~部下の目標を達成させるリーダー編(2日間)
評価者・考課者研修~目標設定とフィードバック面談実施編(1日間)
評価者・考課者研修~人事評価と部下のモチベーションアップ編(1日間)
面談研修~面談時のコミュニケーション編(1日間)
評価者研修+コーチング+OJT(1日間)

by insourcekansai | 2014-08-12 09:36 | おすすめ研修
【おすすめ研修】他社より一歩差のつく「SE向け営業研修」
いつも大変お世話になっております。
インソース大阪支社の佐藤でございます。

徐々に気温も上がってきて、夏が近づいてまいりました。
これからさらに暑くなってきますが、頑張っていきましょう!

e0129940_1383327.gife0129940_1383327.gif

さて、関西・北陸エリアでは、業績が回復してきた企業が、
職種別の教育に特に力を入れ始めています。

中でも最近、インソース大阪支社で急増しているのが、
SE向け営業研修のお問い合わせです。
クライアント先に主に常駐しているSEに対して実施して欲しい
という声が多いのが特徴です。

常駐型SEは、お客さまから言われるがままに業務をするのではなく、
改善に繋がる提案や+αの営業活動ができることが、
必須のスキルとなってきています。
そのためには、SEが専門知識だけでなく、
「情報収集」「問題分析」「問題解決」「提案」の各スキルを身につけ、
お客さまに最適な「ソリューション」を提供できる必要があります。

そこでおすすめなのが、
SEのためのソリューション営業基礎研修です。

本研修では、講義形式だけでなくケーススタディやワークを通して、
お客様のニーズの発見やソリューション提案など、
実践的な能力を身につけることができます。

本研修のプログラムは、以下のようになっております↓
e0129940_9531982.png
その他、詳細につきましては、
SEのためのソリューション営業基礎研修(1日間)からご確認くださいませ。

e0129940_9502681.jpg
その他、おすすめの研修はこちらです↓

SEのための「きく」「書く」「話す」研修(2日間)
ビジネスに必須のコミュニケーションスキルを身につけ、
実際に活用できるよう学びます。

対顧客コミュニケーション向上研修~ソリューション提案編(1日間)
お客様の問題発見からソリューション提案の方法までを学びます。

ソリューション提案力強化研修~基本編(2日間)
商談の基本やニーズの探り方、
効果的なプレゼンテーションの手法を学べます。

ソリューション営業研修~論理的思考強化編(1日間)
ソリューション営業担当者に求められるロジカルシンキングを理解し、
身につけます。

ソリューション提案力強化研修~提案力向上編(1日間)
お客様の真のニーズを引き出す「ヒアリング力」と
魅力ある提案書の作成スキルを学びます。

ソリューションマインド研修(12日間)
クライアントのニーズを引き出し、的確に答える力を身につけます。

e0129940_1383327.gife0129940_1383327.gif

また、お一人からでも参加できる公開講座もございます!
営業研修~ソリューション提案力向上編
※大阪開催:8月11日(月)10:00~16:45

競争の激しいIT業界で他社との差別化を図るために、
ぜひ合わせてご検討くださいませ!

by insourcekansai | 2014-07-04 10:00 | おすすめ研修
【おすすめ研修】研修を受けたその瞬間から実践できる!CS・接遇研修
いつも大変お世話になっております。
インソース大阪支社の松木でございます。

早速ですが、
本日は、CS・接遇関連の研修を紹介いたします。
どんな業界、どんな職種でも
何かしら関わらざるえないお客さま対応。
この機会に、改めて検討してみてはいかがでしょうか。

e0129940_15305385.gife0129940_15305385.gif

■ そもそもCSとは?

そもそもCS(Custоmer Satisfactiоn)とは、顧客満足の略ですが、
インソースではCSの定義を“お客さまに関することすべて”と考えています。
つまり、電話応対もCS、
お客さまが通る玄関を掃除しておくこともCS、
段差があるところを直すのもCS、と考えています。
単なる接遇やマナーではなく、『すべて』というのが基本的な定義です。


■ CSを実現するには? ⇒ 達成感がポイント

CS向上を考える時、まずは
効果が見込め、着手しやすいものからスタートします。
また、実務において改善を進める場合には、
明確なゴールが必要不可欠です。

「CS向上をがんばる!」といった、あいまいなゴールでは、
本当に達成できたかどうか判断がつかないため、達成感も得られません。
目に見える成果を上げることが、極めて重要です。
※効果が見込め、着手しやすい目標とは?良い例はこちら→CS改善目標シート(例)
e0129940_15374823.jpg
■CS研修を受講するメリットは? ⇒ その1:知ってるつもりに気づく

CS研修というと、
「現場で日々実践しているから、今さら・・・」
と思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、日々の業務の中でCSを正しく理解し、
自分の行動を振り返り、自組織のCSレベルについて考える機会は、
ほとんどないのではないでしょうか。

机に向かい、テキストを読み、実際にロールプレイングを行うことで、
「分かっていた気でいたけど、できていなかった!」
「こんな時は、こうすればよかったのか!」など、
さまざまな“気づき”が得られるはずです。

また、演習の内容も
お客さまの業界やニーズに沿ってカスタマイズしているので、
学んだ瞬間から使えるのが特徴です。

■ CS研修を受講するメリットは? ⇒ その2:組織的なCS向上を目指せる

電話応対や身だしなみなど、
一人ひとりの基本行動だけでなく、組織全体でのCS向上策も学べます。
CS向上会議のご紹介や、次にご紹介するCS改善目標シートを
研修のまとめとして作成していただきます。

■ 研修での“気づき”を現場で活かすために ⇒ CS改善目標シート

インソースのCS研修は、
「いい話を聞いたなぁ」で終わらせないようなかたちで
実施したいと考えています。
そこで、CS改善目標シートを記入して持ち帰っていただくなど、
さまざまな工夫を行っています!
CS改善目標シート(白紙)を、ぜひご活用くださいませ。
 目標に対する毎月の進捗状況を○×△で評価し、
 達成できなければその理由を考え、来月改善してもらう・・・などの方法で
 活用いただけます!


お客さまに合わせて、内容のカスタマイズをしておりますので、
「こんなカリキュラムがほしい!」など、気軽にお問い合わせくださいませ。

e0129940_15305385.gife0129940_15305385.gif

CS・接遇に関するカリキュラム一覧はこちら↓
CS・接遇研修ラインナップ
クレーム対応に特化した研修はこちら↓
クレーム対応研修ラインナップ
電話応対に特化した研修はこちら↓
電話応対研修ラインナップ

その他に、1名さまから参加可能な公開講座を
大阪会場でも実施しております。
◆ 6月13日(金) クレーム電話対応研修
◆ 7月17日(木) クレーム対応研修(中級)
ぜひ合わせてご覧くださいませ!

by insourcekansai | 2014-06-10 09:10 | おすすめ研修
【おすすめ研修】新人研修後がカギ!OJTを成功へ導くコツ
いつも大変お世話になっております。
株式会社インソース大阪支社の成田でございます。

新人研修が落ち着き、昇格等で組織再編も多い時期かと存じます。
つきましては、今回は
新人などの指導育成を学ぶ「OJT研修」をご紹介いたします。

新人研修後がカギ!OJTを成功へ導くコツ
『OJT研修』のご案内

OJT研修の実施が多い時期になりました。
ちなみに皆さま、どのような育成計画を組まれていますか。

OJT研修を成功させるうえで、育成計画の立て方はとても重要です。
そこで、私が考える成功のポイントを2点紹介いたします。

e0129940_1452949.gife0129940_1452949.gif

1.最初に大枠の育成計画を立てる

まず「日々何を行うか」から計画を立ててしまうと、
内容が増えるばかりで、指導時間も長くなり、
結果的には良い人材の育成に繋がりにくくなってしまいます。

そこで、
『ある程度大枠の育成計画を立てたうえで逆算し、
毎日の指導内容を決めていく』
これこそが、OJTのあるべき姿だと思います。

2.新人とビジョンを共有する

新人が今後、組織内でどうなって欲しいのか。
そのビジョンを事前に本人と共有することも大事だと思います。
これを行ってこそ新人のモチベーションも上がります。
ぜひお試しください。

e0129940_1452949.gife0129940_1452949.gif

また、実際にOJTをスタートする際は、
次の2点がポイントになってくると思います。


1.ティーチング→コーチングの流れで指導を行う

「コーチング」とは、
部下や後輩が自ら目標を達成できるよう支援することがねらいです。
指示・命令をするのでなく、一緒になって目標を設定し、
過程を見守り、要所要所で助言します。

これに対して「ティーチング」とは、
学校教育のように相手に一方的に物事を教え込むことを指します。
相手が一定レベルの経験・スキルを持つ場合は、
コーチングは効果的ですが、
新人のようにまだ基本もわからない段階では、ティーチングが有効です。

新人へのOJTは、ティーチング→コーチングの流れが最適といえます。


2.自分の常識のレベルを部下・後輩に合わせること

自分たちと新人では、持っている常識のレベルが全く違います。
まずは、新人の立場に立って考えることから
スタートしてみてはいかがでしょうか。

また、時代の変化に伴って、新人の常識や考え方も変わってきています。
「背中を見て学べ」のように、
自分たちが受けてきた育成方法では、
現在の新人には適さないことがあることを理解することも大事です。

OJT研修をご計画の際は、ぜひともお声掛けいただければ
幸いでございます。
以下におすすめのOJT研修を紹介いたします。
e0129940_13485320.jpg
OJT研修 ~ティーチングスキル向上編(1日間)
中堅社員として、部下でなく後輩の指導方法を知るために有効です。
OJT研修 ~リーダー候補養成編(1日間)
今後組織内で活躍するリーダーの育成方法を考える研修です。
OJT研修 ~自らのタイプを知り、指導を進める編(1日間)
自身のタイプを知り、より効果的な指導方法を知るための研修です。

【人事や管理職の立場から、OJT担当者をマネジメントする研修】
OJT研修 ~監督者向け(1日間)
OJT担当者への支援の仕方や育成計画の立て方を学んでいただきます。
管理職向けOJT研修 ~役割認識と意識強化(1日間) 
OJT担当者と監督者をさらに管理する立場である管理職向けの研修です。

【1名さまから参加可能な公開講座】
OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
※大阪会場では下記の日程で実施予定です。
6月11日(水)10:00~16:45

お客さまのご要望に沿って、最適な提案をさせていただきますので、
是非お気軽に、ご相談くださいませ。

by insourcekansai | 2014-05-09 10:58 | おすすめ研修
【おすすめ研修】全国2万人以上が受講!初めてのマネジメントでも自信が持てる
いつも大変お世話になっております。
インソース大阪支社の長谷川でございます。

ここ数日、
春らしいあたたかな陽気の毎日でしたが、
今日はあいにくの天気となっていますね。
明日以降は、寒の戻りで一段と寒くなるようです!

皆さま、くれぐれも体調を崩されないよう、
お気をつけくださいませ。

e0129940_1324055.jpge0129940_1324055.jpg

さて、本日は、
最近多くのお問い合わせをいただいている
新任管理職研修のご紹介です。

3~4月は、新人研修、
その指導を担当するOJT研修実施がピークを迎えます。

ただ、この時期は、
丁度人事異動や昇任の時期と重なることから、
並行して、新任管理職研修を検討されている会社・組織が非常に多いです。


管理職に昇格された方の中には、
「マネジメントって何?」、
「これまで部下がいなかったのに、急に部下を指導しろと言われても・・・」
など、管理職としての役割が分からず、不安を抱く方が少なくありません。
不安が解消されないまま業務についても、
管理職としてのパフォーマンスは上がりにくいのが現状です。

そこで弊社では、いわゆる知識の詰め込みではなく、
管理職になりたての方々の不安を解消する研修を提供しています。

具体的には、
まず参加者には、管理職に求められる役割を認識し、
プレーヤーからマネージャーへ意識・行動の転換を図っていただきます。
さらに、管理職に求められるスキル・知識のうち、
絶対に押さえていただきたい、以下4つのポイントを学んでいただきます。

・PDCAによる業務管理
・部下の育成・指導
・業務改善
・リスクマネジメント
e0129940_13113325.jpg
本研修は、
これまでに全国で2万人以上の方々に受講いただいております。
1日で全スキルをまんべんなく身に付けるタイプのものから、
個別スキル(マネジメント力向上、部下指導など)に
フォーカスを当てて強化するものまで、様々な種類の研修がございます。

1~2日で新任管理職に必要なスキルを網羅するなら・・・
段取り(管理職)研修~基本編(1日間)
新任管理職研修~自信を持って管理職を始める編(2日間)

管理職には様々なスキルが必要です。苦手分野を集中して強化するなら・・・
初級管理職研修~組織マネジメント編(1日間)
初級管理職研修~指示徹底力強化編(1日間)
新任・初級管理職研修~ビジョンの共有と部下育成編(1日間)

新任・ベテラン問わず、すべての管理職の方の底上げを目指すなら・・・
管理職研修~ビジネス・リーダーシップ育成編(1日間)
管理職研修~マネジメントと意識変革編(1日間)

中間管理職の立場から、補佐業務にフォーカスした研修もございます。
管理職研修~補佐としての役割を学ぶ編(1日間)
リーダーコミュニケーション研修~「上司の補佐」と「部下の指揮」編(1日間)

e0129940_1324055.jpge0129940_1324055.jpg

少人数の場合は、1名さまから参加可能な公開講座もおすすめです!
【公開講座】段取り研修~管理職に求められるスキル習得編
 ※大阪にて、5月15日(木)に開催予定です。
【公開講座】新任管理職研修~自信を持ってマネジメントを始める編(2日間)
 ※大阪にて、6月18日(水)~6月19日(木)の2日間、開催予定です。

お客さまのニーズ・ご要望に沿って、
最適な提案をさせていただきますので、是非お気軽にご相談くださいませ。

by insourcekansai | 2014-04-04 12:59 | おすすめ研修
【おすすめ研修】チームの一員として仕事のできる新人を育成する
いつもお世話になっております。
インソース大阪支社の佐藤でございます。

就職活動中の学生をよく見かけるようになりました。
この時期になると、
自分が就職活動をしていた少し昔を思い出し、
非常に懐かしく感じます。

また最近では、
学生の採用面談を担当することもあり、
是非 悔いのない就職活動をして欲しいと願っています。

e0129940_1015535.gife0129940_1015535.gif

突然ですが、皆さま、
「新人研修の内容は、どの業者でも一緒。」
そのようにお考えではありませんか?

本日は、上記のように感じていらっしゃるご担当者さまに、
インソースの新人研修を知っていただきたく、
その特徴をご紹介いたします!


◆ 特徴1◆ 新人の傾向に合わせたコンテンツ作成
ご存知のとおり、毎年新入社員の傾向は違います。
(新聞などで“今年の新人は△△型”と分類されるように、カラーが違ってきます。)
そこでインソースでは、
その年の新入社員に求められる要素を分析し、
テキストへ盛り込み、毎年更新しています。
また、現場で実践可能なスキルが
具体的に書かれてるのも、オススメのポイントです。


◆ 特徴2◆ 現場経験豊富な講師陣
インソースの登録講師はいわゆる「先生」ではなく、
皆、ビジネスの現場で実績を上げ、
また、苦労した経験を豊富に持っています。
そのため、新人にも分かりやすい説明と面白い経験談を踏まえながら、
社会人の先輩として、立ち居振る舞いをイメージさせることができます。
e0129940_1130899.jpg
◆ 特徴3◆ 圧倒的な実績と柔軟な受講形式
年間の新人研修の受講者は3万人以上、
様々な業界のお客さまにお取引いただいております。
講師派遣型と公開講座型(お一人から参加可能!)がございます。
是非、お気軽にご相談ください。

e0129940_1015535.gife0129940_1015535.gif

おすすめの新人向け研修はこちら↓
【最新】2014年新人研修2日間カリキュラム
【リニューアル】新人のためのビジネス文書研修
【人気】新人・若手向けコミュニケーション研修~デキる「報・連・相」編(1日間)
【人気】新人向けロジカルシンキング研修(1日間)

またその他にも、
チームの一員として仕事のできる新人を育成するための
多数の研修ラインナップをご用意しております!
【講師派遣】新人研修 ラインナップ
【公開講座】新人研修 ラインナップ
ぜひ合わせてご覧くださいませ。

by insourcekansai | 2014-03-07 11:33 | おすすめ研修
【おすすめ研修】「量」を増やし「質」を上げる具体的な方法がわかる!
いつも大変お世話になっております。
インソース大阪支社の小森山でございます。

さて本日は、最近お問い合わせの多い
「仕事の進め方研修」をご紹介いたします。

仕事は、(プライベートならまだしも)1人でできるものではなく、
「正しい仕事の進め方」を把握していなければ、
組織全体、ひいては、お客さまにご迷惑をおかけすることになりますよね。
そこで、おすすめしたいのが本研修です。

e0129940_13452819.gife0129940_13452819.gif

「仕事の進め方研修」のポイントは、以下の3点です。

1.徹底的な役割認識
「上司・先輩はあなたに何を望むか」
「あなたに部下・後輩がいればあなたに何を望むか」
自身の立場で求められる役割を徹底的に考えることで、
相手目線(CSの原則!)を認識して行動できるようになります。

2.正しい仕事の進め方の理解 ~PDCAの徹底
「PDCA」という単語は、
新入社員研修の際に必ず聞いたことがあると思います。
ただ、日々の業務を遂行するにあたって、
きちんと「PDCA」を実践できているでしょうか。
研修で改めて確認しましょう。

3.コミュニケーションの重要性
仕事は1人で進められるものではありません。
必ずチームとして動きます。
本パートでは、
「コミュニケーションはねじれて伝わる」ものと認識いただいたうえで、
コミュニケーションのコツを習得していただきます。
e0129940_1349917.jpg
本研修で扱う内容は、若手だけに求められるものではありません。
4月に新入社員を迎え、新人指導に当たられる皆さま、
今一度「仕事の進め方」を確認してみませんか。

本研修の具体的なカリキュラムは、以下のようになっております↓
e0129940_1491872.png
⇒詳細につきましては、
仕事の進め方研修~仕事について理解する編(1日間)からご確認くださいませ。

仕事の進め方研修につきまして、
その他にも多数ラインナップをご用意しております!
仕事の進め方研修 ラインナップ

e0129940_13452819.gife0129940_13452819.gif

1名様からご参加いただける、公開講座もございます。
大阪にて、2月25日(火)に開催予定です!
【公開講座】 仕事の進め方研修~仕事について理解する
ぜひご検討くださいませ。

by insourcekansai | 2014-02-12 14:25 | おすすめ研修
【おすすめ研修】「振り返り」+「?」~うちの1年目に必要なフォローを!
いつもお世話になっております。
インソース大阪支社の長谷川でございます。

冬の足跡が少しずつ近づき、
朝、布団から出るのに勇気が要るシーズンが始まりましたね。

寒くなってきたこの時期、我が家では白菜が大活躍します。
色々な栄養素が万遍なく含まれていることはもちろん、
料理をボリュームアップできるので、
鍋物やシチュー、麻婆豆腐など、とにかく何にでも白菜を投入しています。

体調を崩しやすい季節でもあるので
栄養価の高い温かいものを食べて、元気に冬を乗り切りたいですね!

e0129940_15105777.gife0129940_15105777.gif

■ 問い合わせ急増中!「新人フォロー研修」は今が旬!

本日は、最近お問い合わせ数が急増している
「新人フォロー研修」のご紹介です。

昨今、新人に対して、
現場からの"即戦力"の期待・要望が強く、
その為の十分な教育として、研修が長期化する傾向が強くなっています。
特に、4月の新人研修実施後、
ある程度の期間(6カ月~10か月程度)を空けて
「フォローアップ研修」を組み込むことが効果的であるため、
ちょうど今の時期(秋~冬)に検討される組織が多くなっています。

■ 「振り返り」+「基本スキルや心構えの再確認」が鉄板!

入社(入庁)してから数か月、
仕事や会社・組織のことも分かり始めたこの時期、
新人の皆様にとって、最も必要なことは「振り返り」です。
この数か月間、無我夢中で走ってきた皆様に、
一度立ち止まって振り返る機会をもってもらうのが目的です。

「自分が目標通りに成長できているか」
「何ができるようになり、何がまだできないか」
「求められる(イメージしていた)社員(職員)像に近づいているか」
といったことをじっくりと考え、節目の整理をしてもらうことで、
翌日からの目標設定や意欲的に仕事に取り組む姿勢を
新たにしてもらうことができます。
e0129940_17435235.jpg
「振り返り」との組み合わせとしてご提案させていただく内容は、
報・連・相をはじめとするコミュニケーションや
心構え(マインドセット)が圧倒的に多くなっています。

これは、あらゆる組織で
職場内コミュニケーションや若手が持つマインドに
課題を感じているところが多いことの現われと言えます。

■ 新人フォロー研修受講者の声!

・日々の業務に精一杯で忘れていた「当たり前なこと」の大切さや基本的なことを再確認できる良い機会でした。同期の皆とたくさん意見交換できたので、悩みが少し解消されました。これからも頑張れそうです。

・演習を中心に研修していただき、以前の内容を記憶に定着させることができたので、大変参考になりました。今後とも、この研修内容を活かして頑張っていきたいと思います。

e0129940_15105777.gife0129940_15105777.gif

新人フォロー研修につきまして、
多数ラインナップをご用意していおります↓↓
新人フォロー研修 ラインナップ

1名様からご参加いただける公開講座もおすすめです!
入社半年後や1年後の振り返り+α として、ぜひご検討くださいませ。
【公開講座】新人フォロー研修

今の時期、身に付けてもらいたいことはたくさんありますが、
一度にたくさんのことを詰め込むことは得策ではありません。
身につけてもらいたいスキルは何か、
いつ頃までに身に付けて欲しいかをしっかりと吟味し、
計画を立てた上でフォローアップの中身を検討いただければと思います。

インソースでは、計画立ての支援もさせていただいておりますので、
お気軽にお問合せくださいませ!

by insourcekansai | 2013-12-04 12:01 | おすすめ研修